スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

 

ロケ地の島根と鳥取地区にて先行初日を迎えました!!

SHIMANE_BUTAI.jpg

5月22日
ついにこの日がやってきました!!
山陰地区 先行公開初日です!

記念すべきこの日に、阿部秀司製作総指揮と、錦織良成監督、
そしてキャストの本仮屋ユイカさん、三浦貴大さんが 現地を訪れ、
お世話になった皆様へのお礼をこめて、初日舞台挨拶にかけつけました!


★松江東宝SATY/T JOY出雲 での舞台挨拶より


阿部製作総指揮:「こんなにも感動してしまうとは・・。舞台袖では実感なかったんですが、舞台にあがったとたんにぐっと来てしまった。
これまでで一番感動している気がする。皆さん、ぜひ今日だけでなく、ぜひ2回、いや5回と見てください!」

本仮屋ユイカさん:今日という日を迎えられて嬉しいです。ここ(松江)のSATYには撮影中にも来たことがあるので、とても懐かしいです!!

三浦貴大さん:非常に緊張しており、言葉があまり出てきませんが、この場にたてていること、本当に嬉しく思います。
      

錦織監督:嬉しい思いはもちろんですが、それ以上に、やっとこの日を迎えられたこと、そして皆様にこうしてお集まりいただいたことにホッとする思いでいます。
本当に、ここ島根の皆様には撮影中から今までずっとお世話になり、感謝の思いでいっぱいです。
現地の方々の支えがあって、迎えられた今日だと思います。
山陰地方で先行初日というのも大変貴重なことです。皆様にしかわからない、ロケ地ならではの発見もあるかもしれませんので、   
       ぜひ3回、4回と見にきてもらえると有難いです。


・・その他、撮影時のエピソードについてもお話がでました・・・


本仮屋さん:撮影がお休みの日などに、地元の方々と接する機会があったのですが、
ほんとうに親切で、温かい方ばかりでした。
ロケに入った初日から、島根と、そこに暮らす人々が大好きになりました! 
島根だから、撮れた作品だと思います。

三浦さん:ロケ中に、3000円で自転車を買いました(笑)。店の方には本当によくしてもらいました。
あと、映画の中で野球をするシーンが出てきますが、実際は野球を全くやったことがなくて。
毎日練習をしていたのですが、その時に平田中学校の野球部のみなさんにもお世話になりました。
この場を借りて ありがとうございました とお伝えしたいですね。


その他、阿部製作総指揮と錦織監督からは 現地の皆様へ何度も何度もお礼の言葉が述べられ、
会場の満員のお客様からは、あたたかな拍手とともに、花束やプレゼントの贈呈も行われるなど、
場内は終始 笑いと熱気、そして感動に包まれていました!

先行ロードショーは 上記二館のほか

鳥取県 MOVIX日吉津・鳥取シネマ・米子駅前SATY東宝・倉吉パープルタウンシネマエポック

以上6館にて 絶賛上映中です!!

スポンサーサイト

2010.05.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント情報

 

映画公開記念!“らぶてつ”女性だけのプレミア試写会レポート

“らぶてつ”女性だけのプレミア試写会レポート

本日、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 」の公開を記念し、鉄道好の女性のみを集めた試写会イベントが開催されました。
今、社会現象にもなりつつある鉄道ブーム。これまでの「鉄道ファン」のイメージとは全くちがった、新たな“テツ”のコミュニティが、続々誕生しています。中でも、女子テツ、テツ子などと呼ばれる「女性」の鉄道ファンが増えてきており、この勢いは今後も更にブームとなっていくこと間違いなし!!
会場となったスペースFS汐留には我こそテツコ!という熱きベテランの方から、少し鉄道が気になり始めたソフト鉄、子供と一緒に電車を追いかけるママ鉄の方々など、ありとあらゆる鉄道好き女性が駆け付け、「ここでしか聞けない女性のための最新“鉄”情報」に耳を傾けました。
会場には、その第一人者である素敵な鉄子ゲストを迎えながら、MCには、女性に囲まれながらの唯一の鉄男として、中川家が登場!!鉄道ファンでは無くても思わず聞きいってしまうほどの“鉄道話し”に会場は終始笑いに包まれました。

<元祖鉄道アイドル・現在はママ鉄>豊岡真澄さん  
<鉄道写真家>矢野直美さん 
<鉄道大好きモデル>紗 耶 さん
<鉄研女学生・「早稲田大学鉄道研究会」所属>久保田晴香さん
MC/中川家(剛・礼二)

登壇者挨拶
矢野直美さん:今日は札幌から飛んできました、飛行機で(笑)、でもその後は京急で来ました。

豊岡真澄さん:ママ鉄の豊岡真澄です。3年前に礼二さんと雑誌で対談させていただきました。
3年前はまだ“鉄子”が多くなかったです。子供にも(電車)の英才教育をしています。

紗耶さん:もともと乗り物全般と地図が好き。そこから路線図を見るようになり電車が好きになりました。

久保田晴香さん:早稲田大学の鉄道研究会に所属しています。最近、鉄研の女子は増えています。
好きな対象が違うので各自違うところへ出かけ、合宿の時に持ち寄るスタイル。
合宿って体を鍛えるとか、そんなイメージがあるが、鉄研の合宿っていったい何を!?との剛さんの疑問に、
 「目的地を決めて、それぞれ好きな路線、嫌いな路線があるので別々のルートで合宿先を目指します。ホテルの部屋は1つ余分に予約し、模型部屋を作り一晩中Nゲージを走らせるんです!!」と鉄研の活動っぷりをこっそり披露、そのコアな活動っぷりと、 鉄子たちのあまりに熱~い鉄道トークに、鉄道ファンではない剛さんはついていけず、終始絶句!?
 
ここでしか聞けない「鉄子」のおススメマル秘情報
矢野さん:壇上には映画「RAILWAYS」にも出てくる一畑口という駅で矢野さんが撮影された写真を展示。
「山陰は“お弁当を忘れても傘を忘れるな”というほど天候が不安定で雨の多い地区。一畑駅の駅員さんが、駅からホームまで距離があるので、いきなりの雨に備え傘を用意していると。映画がとてもほのぼのしていて、観ながらそんなエピソードを思い出していました。」と映画の感想も交えながら、自身の鉄道旅の思い出を語りました。
「好きな路線は年々増えますが、大宮にある鉄道博物館、こちらは様々な体験ができたり、駅弁が食べられたり魅力的な場所。学生時代電車で初恋の人に会うのに楽しみな列車があって、その車輌に会えないか博物館に来たという印象的な女性に会ったことがあります。初恋鉄道旅は乗るだけではなく、記憶の中での時間旅行などもありいろんな楽しみ方がある。隅から隅まで見れば、もっと新しい発見があるのではないかと思う。」と鉄道の様々な楽しみ方をアピール。

豊岡さん:豊岡さんはご自慢グッズを紹介。
「私も実は運転免許を持っています!」との発言に思わず沸いた会場、横川~軽井沢間のEF63という電気機関車運転の免許を取得しており、その際、国鉄時代に実際使われていた帽子を記念にいただいたと会場のお客さまにかなりレアなお宝を披露。鉄道を愛してやまない中川家礼二もこれはレアだと目を輝かせました。
何度も運転しているというが「運転は何回もしましたが、何十トンもある重たい機関車をこの小さな体で運転するというのは興奮しました!!!」と。
「映画を見ていると、鉄道好きとしては本当に羨ましい!!!」と礼二さんも豊岡さんも意気投合、「自分に置き換え、漫才を辞めたら僕も京王さんの研修所に行かなあかんのか!?と思いながら映画を見た」(礼二)と会場の笑いを誘っていました。
また、ママ鉄として、子供が赤ちゃんの頃「JR四国のアンパンマン列車」(実際の車輌メロディーなどが鳴る絵本)の音でのみ子供が泣きやんだという魔法の絵本を紹介しました。

紗耶さん:紗耶さんからは、「トレイン色 イロイロ」という電車の車体の色がひたすら載っているだけという本が紹介され、「すごい!すごい!!!」と礼二さんも欲しいと連発!「クレバーなコメントが書いてあり、わかる~というものばかり!観てるだけでファッション性もあって楽しい」とモデルさんらしい発言も!?
そして、一人で家で飲んでいた時、コンバースが0系に見えてきて…なんと思わず色を塗ってしまった!?というスニーカーを持参。(青が無かったので緑色を塗ることになり結局200系新幹線風になった)新たな「落書き鉄」というジャンルを生み出した紗耶さんに剛さんが「病んでる!」と。翌朝起きて自分でも病んでいると思ったという紗耶さんの発言に会場は爆笑に包まれました。
ほんまに鉄道が好きなんだと伝わってくる。親近感がわいた。と礼二さんも終始感動しきり。


久保田さん:都会の生活に対しての一番の憧れはメトロだったという久保田さん、実家ではラッシュなし、電車は1時間に1本という生活だったが、今や上京し東西線にハマリ、ラッシュに乗り毎日生活しているとのこと。建築の勉強をしているので、駅の構造をいろいろ見るのも建築家を目指すものとしては勉強になると、更なる鉄道の楽しみ方を紹介しました。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.05.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント情報

 

“らぶてつ” 女性だけのプレミア試写会 開催!

鉄道大好きの方、旅・電車に興味がある方、人生をもっと楽しみたい女性の方々・・・必見!
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」公開記念
love-tetsu.jpg

“らぶてつ” 女性だけのプレミア試写会 開催決定!!

家族とは?人生にとって大切なものとは?
『ALWAYS 三丁目の夕日』の企画・制作プロダクションROBOTが贈る、中井貴一主演の感動作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』が、いよいよ5月29日(土)より全国公開します。公開にさきがけて、本作のもう一人の主役でもある“鉄道”の魅力を満喫できる、女性だけのプレミア試写会イベントを開催することが決定しました!映画の感動に浸った後、鉄道を愛する各界の女性たちと一緒に、まだまだ知らない鉄道ワールドを体験しませんか。詳しい知識がなくても、全く問題ございません!ふるってのご参加、お待ちしております。



■開催日時:5月16日(日) 12:30開場 13:00開演 (16:00頃 終了予定)
■開催場所:スペースFS汐留   (東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)
■スペシャルゲスト 
<元祖鉄道アイドル・現在はママ鉄>豊岡真澄さん  
<鉄道写真家>矢野直美さん 
<鉄道大好きモデル>紗耶 さん
<鉄研女学生・「早稲田大学鉄道研究会」所属>久保田晴香さん
■募集条件:鉄道、ローカル線、電車旅などに興味がある女性の方
※イベントの趣旨上、女性限定の試写会となります。悪しからずご了承下さい。
■応募方法:下記のURLより、必要事項ご記入の上、お申込み下さい。

※募集は終了いたしました。

※当選者の発表は、ご招待状の発送をもって返させていただきます。≪ペアにてご招待≫
※当日は映画本編の上映後、特別ゲストを迎えたトークイベントの開催を予定しております。こちらのイベントにも続けてご参加できる方のみ、ご応募可能となります。
※イベントの趣旨上、未就学児のお子様、また男性の方のご入場をご遠慮いただいております。
ご一緒いただきましてもお入りいただけませんので、予めご了承下さい。
※当日は、マスコミによる撮影・取材が会場内に入ります。ご承諾の上、ご応募ください。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.04.30 | | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント情報

 

東急東横店にて衣装、小道具、パネル展を開催中!

本日4月29日から~5月5日まで東京渋谷の東急東横店8Fにて衣装、小道具、パネル展を開催中です!
映画に使用された衣装や小道具、映画の場面写真をパネルにして展示しております。
ぜひご来場ください。
10時~21時まで。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.04.29 | | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント情報

 

«  | ホーム |  »

プロフィール

映画『RAILWAYS 』管理人

Author:映画『RAILWAYS 』管理人
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。