スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

 

『RAILWAYS』完成披露記者会見&試写会開催!

記者会見画像
4月12日、映画『RAILWAYS』の完成披露記者会見と試写会が行われ、主演の中井貴一さんを始め、高島礼子さん、本仮屋ユイカさん、三浦貴大さん、奈良岡朋子さん、佐野史郎さん、甲本雅裕さん、錦織良成監督、阿部秀司製作総指揮が勢揃いいたしました。

舞台挨拶&試写会
製作総指揮・阿部さんご挨拶:
今日は足元の悪い中ありがとうございます。本作は、1年半~2年前に監督から島根を舞台にした電車の映画を作りたいという話をもらいました。キャスト・スタッフに恵まれて、去年の夏に撮影しました。多くの人に見てもらいたいと思います。

錦織監督ご挨拶:
こんにちは、錦織です。今日を迎えられることを非常に喜んでいます。
中井さんをはじめ、皆さんの胸を借りる思いで作りました。地元の協力もあり、良い仕上がりになったのではないかと思います。

筒井肇役・中井さんご挨拶:
私はまだ映画を見ていないのですが、
1ヶ月強の撮影は、島根の方々の無償の愛に支えられていたと思います。
そのあたたかさが画面にも現れていると思います。

由紀子役・高島さんご挨拶:
(映画の)仕上がりを見て、年齢・性別関係なく、夢を実現する努力をしてもいいんだなという勇気を与えてくれる映画に仕上がっている作品でした。ぜひおすすめの映画です。宣伝宜しくお願いいたします。

倖(さち)役・本仮屋さんご挨拶:
撮影現場は今日の会見のように仲良くて楽しかったです。大人が夢に向かって進んでいくことはすごくかっこいいと思わされる映画でした。


宮田役・三浦さんご挨拶:
この作品を見て、映画の最初から最後にかけて、登場人物たちが成長していく心の移り変わりがすてきだなと思いました。

石川役・佐野さんご挨拶:
島根県松江市出身の佐野です。初めて出雲弁でセリフをしゃべることができて、そしてキャストの皆さんが出雲のことを気に入ってくださって嬉しいです。一畑電車は地元では憧れの電車でした。まさか一畑の部長役をやれるとは思いませんでした。


福島役・甲本さんご挨拶:
錦織監督の作品は3本目ですが、(撮影で)島根にいくと、出身ではないのに、地元に戻ったような感覚になります。じわじわとくるいい作品です。どうぞ宜しくお願いします。

絹代役・奈良岡さんご挨拶:
豪華絢爛の大作ではないですが、人間・家族の絆について手作りで作り上げた作品です。ぜひ多くの人に見てもらいたいです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<マスコミによる質疑応答>
・中井さん、高島さんにお聞きします。最近、「とりてつ」「のりてつ」、「ママてつ」など男性に限らず女性にも鉄道ファンが増えたような気がしますが、ご自身は鉄道に関して特別な想いがありましたか?何か、鉄道に関するエピソードがあれば教えてください。
中井さん:子供のころは、運転士さんよりは、切符をきる車掌さんに憧れていました。(撮影で使われた)デハニは、1度引退した車輌だったのですが、このような温かみのある車輌を子供たちに残していこうと映画をみて思ってもらえてばと思います。

高島さん:
興味はありませんでしたが、一畑電車に乗ったとき、故郷の江ノ電のことを思い出して、ノスタルジックになりました。


・錦織監督へ。キャスティングについてお聞かせください。
錦織監督:
いい形になったと思う。中井さんしか主人公はいないんじゃないかと思いました。

・みなさんへ。(ロケ地)島根に関する思い出をお聞かせください。
佐野さん:(故郷なので)年5~6回は帰りますが、まだまだ知らないところがあります。パワースポットブームでもあるので、ぜひ訪れてください。
三浦さん:監督が、撮影中耳元で島根のすばらしさを囁いてました(笑)人柄もあったかく、初めての撮影で緊張しましたが、支えられながら撮影しました。

高島さん:東京の撮影が多かったのですが、島根ロケは自由時間があったので、神話の国出雲を勉強しに、神社などを回っていました。島根のファンになりました。

中井さん:出雲大社でお祓いしたときに、神話の話をきいて、自分でも勉強しました。
食べるものはおいしいし、人柄は温かったです。

本仮屋さん:役作りでなく、本当に島根が好きになりました。やさしい人たちがたくさんいらっしゃったと思います。

奈良岡さん:これまで仕事で全国まわっていますが、ほかの町が様変わりしていく中であまり違いがないと思います。人がらが良いと思います。(島根の人には)勝てないです。島根で見た花火は、遮蔽するものがまったくなく、キレイでした。

甲本さん:3作品目なので、みんなの3倍、監督から島根の話をきいています(笑)4作目でもぜひ島根に行きたいです。島根最高!

阿部さん:
もともとこの映画に関わる前に、島根には4回も行っていました。これだけ心惹かれるのは、天命だと思います。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.04.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

 

コメント

 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

映画『RAILWAYS 』管理人

Author:映画『RAILWAYS 』管理人
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。